PR
月次利用実績

【2024年2月 神戸空港利用実績】旅客数は前年比5%増!新千歳線の搭乗率は約9割に

神戸市と関西エアポートは、2024年2月の神戸空港の利用実績を公表した。

FDAが運航する一部路線で繁忙期のみの運航となったが、提供座席数・旅客数共に前年に比べて増加した。平均搭乗率は約79%と前年に比べて約3ポイント改善している。

路線別搭乗率は羽田線など4路線で8割を超え、中でも新千歳線は約9割に達しており、提供座席の不足が顕著となっている。その他の路線もFDAが運航する地方路線を除き、多くの路線で6~7割台の搭乗率を記録している。冬ダイヤにて運休予定となっている高知線は約3割と低迷が続いた。

また、航空会社別搭乗率はエアドゥが約90%と最も高く、スカイマーク(約82%)・ソラシドエア(76%)・全日空(約75%)・フジドリームエアラインズ(約49%)と続いた。

搭乗者数271,053人
前年同月比105%
提供座席数342,149席
平均搭乗率79%
航空会社別搭乗率
 ANA75%
 SKY82%
 SNJ76%
 ADO90%
 FDA49%
発着回数2,680回(前年比-3%)
路線別搭乗率
 新千歳89%
 青森62%
 花巻50%
 仙台73%
 茨城65%
 羽田86%
 松本55%
 高知29%
 長崎77%
 鹿児島82%
 那覇81%
 下地島73%

※搭乗率・前年同月比は小数点以下四捨五入
※SNJ・ADOの搭乗率実績はANAによるコードシェア分、FDAの搭乗率実績はJALによるコードシェア分を含む
※発着回数は関西エアポート発表資料、それ以外のデータは神戸市港湾局空港調整課発表資料より

タイトルとURLをコピーしました