特集

特集

露呈した関空の脆弱性 - 台風21号災害から何を学ぶか

 2018年9月4日、台風21号が関西地区に猛威を振るった。関空では1期島が台風による高潮により浸水、連絡橋にはタンカーが衝突し、関西の空の玄関口は完全に機能を停止した。奇しくも関空開港24周年の日のことであった。その後、関空は驚...
特集

官から民へ 神戸空港第二の離陸

 2018年4月1日、神戸空港の運営は神戸市から関西エアポート神戸へと受け継がれた。2017年度の旅客数・搭乗率は共に過去最高を記録する中、ベストタイミングでのバトンタッチだったと言えるだろう。これをもって長年の懸案となっていた関...
特集

関西3空港の行方 第4部

今後目指すべきは - 一元管理、その後の独立採算  2012年12月、ソラシドエア・エアドゥが相次いで神戸空港への就航を表明した。天草エアラインの撤退以来、2社運航が続いてきた神戸空港にとって大きなニュースとなった。一方で、関空を拠...
特集

関西3空港の行方 第3部

恐れることはない - 神戸空港、独立への道  -将来、A380が神戸の空を飛ぶ可能性は?「国際化されればあるだろう。2500㍍滑走路でも離着陸できる」- 神戸新聞の開港5年インタビューにスカイマーク有森正和常務(当時)はこう...
特集

関西3空港の行方 第2部

食い違う思惑 - 大阪国際空港、活性化?  2012年7月、存続か廃止か議論されてきた大阪国際空港(以下、伊丹)は国の管理から離れ、新関空会社に引き継がれた。関空開港以来、長距離便の運航規制などを受けて路線・旅客は減り続け、2011...
特集

関西3空港の行方 第1部

自立できる空港へ - 関西国際空港、長い道のり  仁川、釜山、上海、香港、北京…。今、関西国際空港の国際線時刻表の行き先はアジアで発展するLCCが追い風となり、ほとんどがアジア便だ。  1994年、西日本のハブ空港を目...
フォローする!
タイトルとURLをコピーしました