関西3空港の行方 第4部

今後目指すべきは – 一元管理、その後の独立採算

 2012年12月、ソラシドエア・エアドゥが相次いで神戸空港への就航を表明した。天草エアラインの撤退以来、2社運航が続いてきた神戸空港にとって大きなニュースとなった。一方で、関空を拠点とするピーチなどのLCCが好調と報道される中、格安運賃を武器に成長を続けてきたスカイマークは同月、再就航した関空路線から2013年3月をもって再撤退することを発表した。

●進む棲み分け、路線再編
 ソラシドエア・エアドゥが神戸空港への就航を表明した背景には、2013年6月に行われる伊丹空港の長距離便運航の規制緩和がある。ソラシドエア・エアドゥは共に全日空との提携関係にあり、全路線で全日空との共同運航が行われている。今回の神戸空港への就航表明の裏には、全日空が神戸路線の運航から手を引き、提携関係である両社に運航を委ね、その一方で長距離便の運航規制が緩和される伊丹空港では新千歳・那覇便を増便するという全日空の戦略が存在する。神戸空港としては2社の新規就航を手放しでは喜べない状況であると言えよう。もちろんデメリットだけではなく、九州路線が強いソラシドエア、北海道・東北路線が強いエアドゥが就航するということで両社による新規路線の開設も期待できる。実際、ソラシドエアは鹿児島線の開設も検討するとしており今後の動きが注目される。
 LCCの就航ラッシュで活気に沸く関空も例外ではない。LCCの参入によって供給過剰になった新千歳・福岡・那覇線では既に全日空・日本航空が減便・機材小型化を進めており、前述の伊丹空港の長距離便の運航規制緩和で更にこの動きが加速するものと予想される。加えてスカイマークが再撤退を決めており関空はLCC色を強め、3空港の棲み分けは着実に進んでいるといえる。
 そんな2空港を尻目に伊丹は規制緩和が進み、大手2社が長距離路線を中心に増便を進める。伊丹は大手2社、神戸は新興3社(スカイマーク・ソラシドエア・エアドゥ)、関空はLCC中心の運用となっていく様相を呈しており、今後各空港の行方に目が離せない。

●関空浮上のカギ、LCCは好調か?赤字運賃の実情
 多くのマスコミに好調と報道されるLCCであるが、エアアジアジャパンは目標搭乗率を達成できなかったとして、就航わずか4ヶ月で社長が交代する事態となっている。一方で唯一関空を拠点としているLCCピーチは好調と報道されている。LCCの実情、将来性はどうなのだろうか。
 ピーチを例に取ると、ユニットコスト(座席キロ当たりのコスト)はスカイマークの7.69円(2012年9月時点)を下回る6円を目標にしているが、現時点では8~9円程度と予想されている。スカイマークのユニットコストを元に計算しても、関空-新千歳線(約1100km)の採算ラインとなる平均客単価は満席状態で約8800円、就航半年の搭乗率が79%であることを考慮して計算すると約11000円である。高値運賃が売れ残り、セール価格を乱発している現時点では飛ばせば飛ばすほど赤字が膨らんでいる状況だと言える。もちろん、ピーチは就航後3年後をめどに黒字化を目指しているため、初年度の赤字は想定内とも言えるが、今後平均客単価の引き上げが成功しなければ、ピーチに限らずLCCの行く末は言うまでもない。
 ■参考■ ピーチ2013年1月 関空-新千歳線 運賃
【ハッピーピーチ】4790円~19990円
【ハッピーピーチ プラス】6490円~24990円
【2012年12月6日~2013年1月31日 セール運賃】3370円(金~月曜:4770円)
【2013年1月16日~3月30日 セール運賃】2970円(月・金・土・日曜:4370円)
【2013年1月8日~1月10日 セール運賃】1000円

●今後目指すべき姿
 LCCターミナルを有し長距離国際線にも対応できる関空、都市部に近くビジネス需要が旺盛な伊丹、都市部に近く24時間運用が可能な神戸。3空港のそれぞれの強みを生かして効率的な運用をすることで3空港の収入を最大化することができる。そのためには、神戸も伊丹・関空の経営統合に合流する必要がある。国は現在、神戸を脇に置いたまま伊丹・関空の経営統合を進めているが、神戸と伊丹・関空で利害関係が有ってはならず、3空港の経営統合は避けては通れない。3空港の棲み分けが進んだ今こそ、3空港の一元管理が望まれる絶好の機会だと言える。もちろん、各空港が切磋琢磨して競争力を伸ばしていくために、関空の負債を解消した後は統合を解消し、伊丹・神戸の運用規制を撤廃、独立採算で運営していくことも考えるべきだ。それがまた市場原理の本来の姿である。(2013.01.03)

タイトルとURLをコピーしました