「関西空港は神戸沖に出来るはずだった」
そういった話を小耳に挟んだことは無いだろうか?

関西新空港構想において、神戸沖案は利便性の面で最有力視されていた。しかし、「空港=悪」という世論は根強く、神戸市は空港誘致を断念。大阪湾内の他の自治体も空港反対の姿勢を示しており、新空港計画は暗礁に乗り上げていた。

最終的に、国は地域への経済効果を重視し、泉州沖へのGOサインを出すことになる。

その後、世論の変遷と共に神戸市は空港誘致へ方針転換を図るも、運輸省は見直しを拒否。神戸沖国際空港計画は、運輸省をはじめとする泉州沖空港推進派に排除され続けた。

一度は消えた神戸沖空港計画であったが、不死鳥の如く第6次空港整備計画に再び登場。阪神淡路大震災を乗り越え、2006年に神戸空港は開港を迎えることとなる。

だが、今もなお「神戸市は空港に反対した」という一文が独り歩きし、怨念となって漂う。

利便性・経済性よりも開発利権を優先し、幻と消えた神戸沖国際空港計画。その苦難の歴史を振り返り、地方空港として再出発した神戸空港の将来像に迫った。




伊丹空港は実は廃止予定ではなかった!?
関西空港の神戸沖建設を断念した真の理由とは!?

伊丹・関西・神戸発着便はどこを飛んでいる?
飛行経路から読み解くその課題とは!?

阪神高速・ハーバーハイウェイなど神戸港周辺道路網を解説!

未来へ羽ばたく神戸空港
タイトルとURLをコピーしました