「関西空港は神戸沖に出来るはずだった」そういった話を小耳に挟んだことは無いだろうか?

関西新空港構想において、神戸沖案は利便性の面で最有力視されていた。だが、騒音問題に端を発した「空港=悪」という当時の世論は根強く、神戸市は空港誘致を断念してしまうのである。その後、世論の変化と共に神戸市は空港誘致へと方針転換を図るも、当時の運輸省は聞く耳を持たず、神戸沖国際空港計画は事実上幻と消えた。

一度は消えた神戸沖空港計画であったが、不死鳥のごとく第6次空港整備計画に再び登場。阪神淡路大震災を乗り越え、2006年に神戸空港は開港を迎えた。

しかしながら、関西空港誘致を巡るボタンの掛け違いが生んだ怨念が今も漂う。

運輸省をはじめとする泉州沖空港推進派に排除され続けた神戸沖国際空港計画。
利便性・経済性よりも開発利権を優先し、幻と消えた神戸沖国際空港計画の苦難の歴史を振り返り、地方空港として再出発した神戸空港の将来像に迫った。


 伊丹空港は実は廃止予定ではなかった!?
 関西空港の神戸沖建設を断念した真の理由とは!?

パイロットの知恵袋
V1以下の故障でも離陸継続!?奥が深い離着陸の話
離陸継続可否の判断基準 V1 VR V2 とは「V1」「VR」「V2」の各スピード飛行機に詳しい方はよくご存じの「V1」「VR」「V2」という速度。この3つの速度は、離陸滑走中にトラブルが発生した際、離陸を継続する...
【滑走路延長?短縮?】神戸空港 令和9年までに滑走路改修!?国際化も見据えた滑走路延長の可能性を探る!
新型コロナウイルスの影響で大幅な航空需要減少に見舞われる中、関西エアポートの山谷社長は2020年度の決算会見で、神戸空港の国際化について「方向性としては失っていない」と発言。アフターコロナにおいて、航空需要は必ず回復するという...
【海面スレスレ】神戸空港のサークリングアプローチとは?空港への進入方法はこんなにある!
神戸空港へ周回進入中のJAL機(2010年撮影)神戸空港に着陸する際、海上スレスレを飛行して怖かったという声が時々聞かれます。これは周回進入(サークリングアプローチ、またはミニマムサークルとも呼ばれます。)と呼ばれるもので...
関西3空港で着陸の気象条件が最も厳しい!?伊丹空港の雑学
関西3空港の中で最多の国内路線網を有する伊丹空港。かつては関西における国際線の玄関口を担っていたことから、正式名称は今も大阪"国際空港"です。かつては立派な国際空港だった伊丹空港ですが、実は関西3空港で着陸に必要な気象条件...
【神戸管制部誕生!】目には見えない空域の話
道路と違って標識・看板もない空。その空には、細かい区分けが存在するということをご存じでしょうか?ここでは、目には見えないけれども制約の多い『空域』について簡単に解説します。そもそも空域って?世界の空は一部を除き...
【管制官不在?】意外と知らない管制塔の話
羽田空港の新管制塔(写真中央)と旧管制塔(写真左)飛行機を利用した際、空港で目にする管制塔。その管制塔にも様々な種類があることをご存じでしょうか?管制塔の大小の違いは見て取れますが、実はそこに配属されている職員は空港毎に大...
【着陸できる?】飛行機の離着陸に必要な気象条件とは?
神戸空港島全景「この便は、神戸空港悪天候のため、着陸できない場合は羽田空港へ引き返すか中部空港へ向かう可能性がございます。」空港でこんなアナウンスを聞いたことはないでしょうか?到着空港の悪天候で飛行機が着陸できない...
未来へ羽ばたく神戸空港
タイトルとURLをコピーしました