スポンサーリンク

【徹底比較!】LCCは本当に安い?損をしない航空会社の選び方

帰省・旅行・ビジネスなど長距離の移動に欠かせない飛行機。

その飛行機を飛ばしている航空会社を皆さんはどのような基準で選んでいるでしょうか?

運賃・サービス・シートの広さ・定時性・マイレージサービスの有無など航空会社を選ぶ基準は沢山ありますが、「運賃」については多くの方がシビアに見ていることと思います。

ここでは「運賃」に重点を置いて航空会社を比較!コストパフォーマンスに優れた航空会社の選び方をご紹介します!

3つに分かれる航空会社の分類

航空会社は大きく分けて3つの分類が存在するという事をご存じでしょうか?

1つ目はJALやANAなど全国各地に多くの路線を持つ「大手航空会社」、2つ目は低価格の運賃をウリにする「格安航空会社」、そして3つ目は大手航空会社と格安航空会社の中間的ポジションに位置する「中堅航空会社」です。

日本の国内線を運航している主な航空会社とその分類は以下の通りです。

大手航空会社
(FSC :Full Service Carrier

  • JALグループ
    (J-AIR・JTA・JAC・RAC・HAC 含む)
日本航空(JAL)
  • ANAグループ
    (ANAwings 含む)
全日本空輸(ANA)

中堅航空会社
(MCC :Middle Cost Carrier

  • スカイマーク(SKY)
  • エア・ドゥ(ADO)
  • ソラシドエア(SNJ)
  • スターフライヤー(SFJ)
スカイマーク


 地方間路線を中心に運航 

  • フジドリームエアラインズ(FDA)
  • アイベックスエアラインズ(IBEX)
  • オリエンタルエアブリッジ(ORC)
  • 天草エアライン(AMX)
フジドリームエアラインズ

格安航空会社
(LCC :Low Cost Carrier

  • ピーチアビエーション(APJ)
  • ジェットスタージャパン(JJP)
  • 春秋航空日本(SJO)
ピーチアビエーション
ジェットスタージャパン

「中堅航空会社」に位置付けられる航空会社が意外と多いという事がお分かり頂けたのではないでしょうか?近年存在感を増している「格安航空会社」に至っては、日本の国内線では3社しかありません。

航空会社を選ぶ際には、これらのカテゴリーの特性を理解した上で、上手く使い分けるのがコツです!

以下、大まかにそれぞれのカテゴリーの特徴を見ていきましょう。

FSC(Full Service Carrier)

JALグループ・ANAグループが該当するFSC。

“Full Service”という名前の通り、サービス面で充実していることが特徴です。

無料のドリンクサービスや毛布の貸し出し、機内オーディオなど機内サービスが充実している他、マイレージ制度が存在しており、マイルを貯めることで上級会員の特典が享受できます。

また、路線数もMCCやLCCと比べて圧倒的に多く、日本全国・世界各地に路線を有しています。伊丹・羽田などの都心部に近接した空港をハブ空港としているのも特徴です。

唯一のネックは運賃です。手厚いサービスが受けられる反面、普通運賃は比較的高額となっています。しかし、後ほど紹介する早割運賃・株主優待運賃を利用すれば、お得に利用出来るケースもあります。

MCC(Middle Cost Carrier)

近年勢力を伸ばしているLCCの影に隠れてしまっているMCC。

FSCとLCCのちょうど間のポジションを取っているのが特徴で、サービス面ではFSCに負けず劣らず、運賃面ではFSCとLCCの間を取っていることが殆どです。

会社の規模はFSCには及ばないため、羽田空港発着路線が大半を占めることが多く、利用可能な路線は限られます。

また、JALやANAとコードシェア(共同運航)を行っていることが多いのも特徴です。

LCC(Low Cost Carrier)

日本でもようやく定着し始めたLCC。

“Low Cost”という名前の通り、格安運賃を売りにしているのが特徴です。

小型ジェット機に多くの座席を配置し、1日に多くの便を運航することで運航コストを低減。発着空港も成田・関西などの都市部から離れた空港を利用することで空港使用料を抑え、格安運賃を実現しています。

FSCとMCCと大きく異なるのが運賃体系。LCCの運賃には、空港使用料・座席指定料金・受託手荷物料金・支払手数料などが含まれておらず、予約の際に別途支払いが必要となります。

また、FSC・MCCに比べて運賃帯に大きな幅があり、繁忙期や直前の予約では、FSCよりも運賃が高くなるというケースもあります。

航空券の変更・取消・払戻にも制約があり、欠航・遅延の際にもサポートが無いことが多いため、利用のリスクについては事前の理解が必要です。

LCCとFSC・MCCとの相違・注意点

LCCがなぜ格安運賃を実現できるのか。そこには以下のような理由があります。

LCCが格安運賃を実現できる理由

  • 機内の座席数を増やしている(シートの前後間隔が狭い)
  • 機材の稼働を高めている(機材の折り返し時間が短い)
  • 予備機材が少ない(機材故障に備えた余剰機材が少ない)
  • 空港使用料を低減している(都心部から離れた空港やLCCターミナルを利用)

「飛行機が古いから運賃が安い」といった誤解がされることもありますが、これは全く逆です。

海外には中古機を安く仕入れることで格安運賃を実現しているLCCもありますが、基本的に飛行機は古くなればなるほど整備に掛かるコストが増加します。そのため、日本のLCCは基本的に新造機を導入し、整備コストを減らして格安運賃を実現しているのです。

ここからはその格安運賃の裏に隠れたLCCの注意点等を取り上げます。

FSC・MCCと異なるLCCの運賃体系

LCCはFSC・MCCと違い、受託手荷物や座席指定が有料であるなど、運賃の仕組みが異なります。そのため、各社の運賃を比較する前に、まずLCCの運賃体系を理解しておかなければなりません。

FSC・MCCとLCCの運賃体系を比較すると、以下のようになります。

FSC・MCCの運賃

運賃
(以下を全て含む)

・普通席の座席指定無料

・受託手荷物20kgまで無料

・旅客施設使用料を含んだ運賃表示

・支払手数料無料

LCCの運賃 ★:必ず支払いが必要

★運賃
(ベースとなる料金)

座席指定料金
(座席を指定する場合)

受託手荷物料金
(受託手荷物がある場合)

★旅客施設使用料
(ターミナルビルの使用料。空港毎に異なる。)

★支払手数料
(支払方法によって異なる。)

その他オプション料金
(変更・払戻可能オプション、手荷物追加など)

例えば、LCCが『最安2,980円~』などと謳っているのは、『運賃(ベースとなる料金)』の最低価格です。実際は、旅客施設使用料と支払手数料の支払いが必要となるため、『2,980円』で購入することは出来ません。オプションの多い運賃体系がLCCの落とし穴とも言えるのです。

ちなみに、運賃とは別に必ず支払いが必要となる「支払手数料」と「旅客施設使用料(成田・関空)」は、以下のようになっています。(2021年4月1日現在)

クレジットカード・モバイル決済600円
コンビニ・ATM670円
ピーチポイント210円
ピーチアビエーション 支払手数料
クレジットカード620円
コンビニ・ATM・キャリア決済670円
バウチャー0円
ジェットスタージャパン 支払手数料
クレジットカード600円
春秋航空日本 支払手数料
第1・第2ターミナル出発・到着大人450円440円
小人220円220円
第3ターミナル出発・到着大人380円390円
小人190円190円
成田空港 国内線旅客施設使用料
第1ターミナル出発・到着大人430円440円
小人220円220円
第2ターミナル出発大人・小人410円420円
到着大人・小人360円370円
関西空港 国内線旅客施設使用料

座席指定料金などのオプション料金

FSC・MCCにおいては座席指定(普通席)が無料である上、受託手荷物も通常20キロまで無料で預けることができます。しかし、LCCはいずれも運賃には含まれておらず、基本的に有料の追加オプションとなっています。

受託手荷物料金は路線や重量で異なりますが、FSC・MCCでは無料となる20キロの受託手荷物で1,500円~2,500円程度の追加料金が掛かるほか、座席指定料金については前方席・窓側席・非常口座席(足元が広い)などで料金が異なり、500円~1,500円程度の追加料金が掛かります。

また、機内持ち込み手荷物については、FSCやMCCが10キロまで許容されている一方、LCCは7キロまでに制限されています。LCC各社は、この手荷物重量の制限を厳格に運用しているため、手荷物重量が超過した場合には、受託手荷物として預けるか追加料金を支払って機内に持ち込む(ジェットスターのみ)ことになります。

ジェットスターの座席区分(出典:ジェットスタージャパン)
ピーチの座席区分(出典:ピーチアビエーション)
春秋航空の座席区分(出典:春秋航空日本)

当日のオプション追加・電話予約は高額!

LCCでは、予約後のオプション追加(座席指定・受託手荷物追加など)やコールセンターでの予約は通常よりも高額な手数料が掛かります。

下の画像は、ピーチアビエーションの各種手数料を抜粋したものですが、コンタクトセンター・空港カウンターでの手続きはインターネットでの手続きよりも高額な手数料が設定されていることがお分かり頂けると思います。

受託手荷物や座席指定の要否については事前に良く検討し、インターネットからの予約の際に事前追加して予約するようにしましょう。

ピーチの手数料抜粋。インターネットからの手数料が最安値。(出典:ピーチアビエーション)

変更・取消・払戻の制約、大幅遅延・欠航時のリスク

LCCで予約出来る最安値の運賃は、基本的に変更・取消・払戻が出来ません。変更・取消・払戻が可能な運賃種別も用意されていますが、払戻はポイントでの返金となるなど一定の制約があることが殆どです。

また、前述のように、LCCは機材の稼働率を高めて格安運賃を実現しているため、機材故障による欠航や玉突き遅延が多いというリスクは常に付きまといます。しかしLCCの場合、大幅遅延・欠航の際に、他社便への振り替えや地上交通費・宿泊費の補償などが一切ありません。

ジェットスタージャパンの運賃抜粋。払戻はフライトバウチャー。(出典:ジェットスタージャパン)

早朝・深夜便は要注意!アクセス・交通費も考慮を

LCCに限ったことではありませんが、朝早くに運航されている便や夜遅くに運航されている便は、運賃が安くなる傾向にあります。特に、LCCは1日あたりの運航便数を増やすことで格安運賃を実現している為、早朝・深夜便の設定が比較的多くなっています。

早朝・深夜便の安さは勿論魅力的ではありますが、予約に際しては空港へのアクセスについて十分検討が必要です。

LCCがハブとしている成田空港や関西空港は、都心部から比較的距離があり、早朝・深夜時間帯に公共交通機関でアクセスできる地域が限られています。そのため、早朝・深夜便の運航時間帯によっては、タクシーの利用や空港ホテルでの前・後泊が必要になるなど、かえって高くつくといった事も考えられるのです。

航空券を比較する際には、航空運賃だけでなく空港までの交通アクセスや地上交通費等についても併せて考慮に入れましょう。

関西空港の早朝・深夜アクセスを紹介するページ。早朝・深夜帯のアクセスは限られる。(出典:関西エアポート)

【まとめ】FSC・MCC・LCCの比較

大手航空会社
FSC
中堅航空会社
MCC
格安航空会社
LCC
運賃の手頃さ×
(普通運賃は高額。割引運賃や株主優待運賃は比較的安い。)

(普通運賃・割引運賃ともに比較的安い。予約時期によってはLCCよりも安い。) 

(運賃に大きな幅があるが、最安値でオプションを省けばかなり安い。) 
発着空港・路線の利便性
(羽田・伊丹などの主要空港からの路線が中心。)

(羽田発着路線が多く、神戸・名古屋などからの地方路線も。)
×
(成田・関西など都心部から離れた空港からの路線が中心。LCCターミナルを利用することも。)
使用機材大型機材からプロペラ機材まで多種多様小型機材(A320・B737・リージョナルジェット等)が中心小型機材(A320・B737)が中心
普通席のシートピッチ(前後間隔)
79㎝
(比較的広い。)

79㎝~86cm
(比較的広い。)
×
71~74cm
(狭い。体格によっては前の席に膝が当たることも。)
受託手荷物
(20kgまで無料)

(20kgまで無料)
×
(有料)
機内持ち込み手荷物
(10kgまで可)

(10kgまで可)
×
(7kgまで可)
機内サービス
(一部有料サービスも有り。機内販売なども充実。)

(一部有料サービスも有り。)
×
(基本的には機内サービス無し。機内食・ドリンクは有料。)
マイレージ制度
(会社によっては独自のマイレージ制度有り。)
×
定時性
(ダイヤに比較的余裕があるため、遅延が少ない)

(ダイヤに比較的余裕があるため、遅延が少ない)

(機材の折り返し時間が短い為、玉突き遅延が多い)
欠航・遅延時のリスク
(欠航・大幅遅延時には他社振替や宿泊費・交通費の補償有り。)

(欠航・大幅遅延時には他社振替や宿泊費・交通費の補償有り。)
×
(欠航・大幅遅延時の補償無し。)
変更・キャンセル・払戻
(手数料がかかるケースもあるが柔軟に対応。)

(手数料がかかるケースもあるが柔軟に対応。)
×
(基本的にキャンセル・変更・払戻は不可。オプションや運賃種別次第で可能。)
FSC・MCC・LCCの特徴まとめ

LCCは本当に安い?お得な航空券の探し方!

LCC(格安航空会社)は名前の通り「格安」を売りにした航空会社です。度々開催されるセール販売では数百円からの激安航空券が発売されるなど、LCC=安いというイメージが浸透している事と思います。

しかしここまで紹介した通り、LCCの運賃の仕組みを理解せずに購入すると、MCCやFSCよりも却って高くつくケースもあるのです。

LCCがFSC・MCCよりも高くなるケースとは?

航空会社は航空券を販売するにあたり、事前に国土交通省に対して運賃の届出を行っています。ここでは、東京(羽田・成田)ー大阪(伊丹・関西・神戸)間の各社の届出運賃を実際に比較してみましょう。

東京ー大阪間を運航する航空会社は現在6社(FSC・MCC・LCCそれぞれ2社ずつ)存在し、それぞれ運賃は以下の通りです。

運賃額区間
JAL7,100円(スーパー先得)~28,100円(ピーク時普通運賃)羽田ー伊丹・関西
ANA4,800円(ANA SUPER VALUE)~31,000円(ピーク時普通運賃)羽田ー伊丹・関西・神戸
SKY6,000円(いま得)~16,500円(ピーク時普通運賃)羽田ー神戸
SFJ7,000円(そら旅75)~26,000円(ピーク時普通運賃)羽田ー関西
APJ3,590円(シンプルピーチ)~25,960円(プライムピーチ)成田ー関西
JJP3,580円(Starter)~23,440円(StarterMax)成田ー関西
東京ー大阪間の届出運賃の比較

※上記運賃額は2021年夏ダイヤにおける大人運賃
※運賃額は旅客施設使用料を含まない
※LCCの運賃額は各種手数料を含まない
※随時販売されるセール運賃は含まない

最安値の運賃では、LCC各社が最も安いという結果になりました。

しかし、最も高額な運賃で比較するとMCCのスカイマーク(当日購入可能な普通運賃)が最も安くなっているほか、FSCであるANAの最安運賃が4,800円となっていることも見逃せません。

一般的に運賃が高額となりがちなFSCでも、早割運賃を上手く利用すればLCCよりも安く利用することができるケースもあるのです。

受託手荷物や座席指定が必要な場合、LCCでは数千円程度の追加料金が掛かります。加えて、LCCでは支払手数料・旅客施設使用料が運賃と別に表示されることから、FSC・MCCとの運賃差が小さくなると、総支払額はLCCの方が高くなるケースがあることにも注意が必要です。

ピーチの予約画面。運賃は3,590円だが、受託手荷物・座席指定無しの支払総額は5,060円。(出典:ピーチアビエーション)

また、FSCや一部MCCには株主優待券が用意されている会社もあります。株主優待券を利用すると、各社普通運賃の半額で利用できることから、繁忙期など各社運賃が高止まりしている時期ではFSCの株主優待運賃が一番お得になるというケースもあります。(株主優待券は街中の金券ショップなどで2,000円~5,000円程度で販売されており、株主以外でも利用することが可能です。)

  • 受託手荷物・座席指定なし → LCCが安いケースが多い!
  • 受託手荷物・座席指定あり → FSCMCCが安いケースが多い!
  • 直前の予約、各社運賃が高騰している → MCCが安いケースが多い!
  • 早割運賃・株主優待運賃の利用 → FSCが安いケースが多い!

航空券一括比較サイトの活用も!

ここまで読んでLCCが必ずしも安い訳ではないという事がお分かり頂けたのではないでしょうか?

航空各社の運賃を比較する際には、各社の公式サイトをそれぞれ見比べるという手もありますが、『スカイスキャナー』『Trip.com』などの航空券一括比較サイトの利用も便利です。

国内線の航空券だけでなく、海外の航空券・ホテル・レンタカーも一括で比較することが可能!

200を超える国と世界5,000都市以上を結ぶ航空券やホテルの比較が可能!

近年、航空各社の割引運賃は空席連動型となっているため、それぞれの便の空席割合によって運賃が変動しています。航空券の一括比較サイトでは、それらの運賃を一目で比較できるほか、アラート機能を利用すれば航空券が値上がり・値下がりした際に通知を受け取ることも可能です。

また、東京・大阪のように複数の空港が利用可能な場合には、「東京(すべての空港)」「大阪(すべての空港)」というような条件検索が利用可能なため、FSC・MCC・LCC全ての運賃を比較して航空券を購入することができます。

スカイスキャナーの検索画面。国内線だけでなく国際線も検索可能。(出典:スカイスキャナー)

タイトルとURLをコピーしました