特集

【神戸国際化特集①】整備スケジュールや想定就航路線は?3空港懇の合意内容から読み解く!

国際化が正式決定した神戸空港。今後、国際線ターミナルビルの新設が求められる。

2022年9月18日、第12回関西3空港懇談会が大阪市内で開催された。この懇談会において神戸空港は国際化の方針が正式に合意されるなど、関西3空港を巡る議論は大きな進展を見せた。ここでは3空港懇での合意内容を振り返り、神戸空港の国際化に向けたスケジュール・課題等をまとめた。

第12回3空港懇が終了!

第12回関西3空港懇談会では主に以下の内容が議論され合意がなされた。

第12回関西3空港懇談会での合意内容

・2030年前後を目途に関西3空港で年間50万回の発着容量確保

・関西空港の年間発着回数引き上げ
 (2030年代前半に年23万回→年30万回)
・神戸空港の発着枠拡大
 (国内線ターミナルビル拡張整備後に1日40往復→60往復、国際線枠として1日20往復新設)
・神戸空港の国際線就航
 (2025年から国際チャーター便就航、2030年前後に国際定期便就航)

このように、今回の3空港懇では神戸空港の規制緩和議論にも大きな進展が見られ、国際化へのスケジュールが大まかに示されることとなった。

発着枠については、既にほぼ上限に達しており、早期の拡大が求められていた。今回、発着枠の拡大も合意されているものの、これ以上の旅客受け入れには国内線ターミナルビルの拡張が不可欠なため、国内線ターミナル拡張整備完了後に発着枠を引き上げるという。

また、国際化については2025年頃までの中期目標として定められていたが、新型コロナウイルスの影響を受けてその後の議論が停滞。国際化にかかるハード面の整備は2025年に間に合わないため、大阪・関西万博が開催される2025年頃から国際チャーター便のみを受け入れる方向性となっている。国際定期便については2030年頃の就航で合意され、ハード面の整備には十分な時間が確保されることとなった。

これまでの合意内容振り返り

以下は、神戸開港前に開かれた第4回関西3空港懇談会から今回の第12回関西3空港懇談会までの神戸空港に関する合意内容の振り返りである。神戸空港の運用規制が緩和されるまで、非常に長い年月がかかったという事が改めてお分かり頂けたのではないだろうか?

関西3空港の運営会社が同一となった今、依然として運用規制を敷いているのは本来ナンセンスである。しかし、関西空港周辺自治体への配慮と関西空港への路線誘導を図るという観点から、完全な規制撤廃は依然として困難な状況なのだ。

発着枠運用時間国際線の取り扱い
2005年11月
第4回関西3空港懇談会
1日30往復15時間(7時~22時)オウンユース機に限る
2006年2月
神戸空港開港
///
2019年5月
第9回関西3空港懇談会
1日40往復16時間(7時~23時)オウンユース機に限る
2022年9月
第12回関西3空港懇談会
国内線ターミナルビル拡張整備後
国内線 1日60往復
国際線 1日20往復
16時間(7時~23時)2025年から 国際チャーター便運航開始
2030年前後 国際定期便運航開始
神戸空港を巡る関西3空港懇談会での合意内容

「小さく生んで大きく育てる」の弊害

現状でも朝晩時間帯は夜間駐機機材でエプロンが満杯となる事が多い

以下の表は、神戸空港と同規模の利用実績がある地方空港でターミナルビルの延床面積を比較したものである。(開港後に増築された部分は反映されていないため、延べ床面積のデータは最新ではない。)離島空港である新石垣空港を除き、神戸空港のターミナルビルが如何に小さく設計されたかお分かり頂けるだろう。

空港名旅客数(2021年度)ターミナルビル延床面積
神戸空港約175万人18,559m²
仙台空港約165万人44,302m²
宮崎空港約141万人28,200m²
新石垣空港約141万人12,600m²
熊本空港約136万人37,500m²(新ターミナルビル)
旅客ターミナルビルの延床面積の比較

神戸空港を整備するにあたり、神戸市が掲げたのは「小さく生んで大きく育てる」というコンセプトであった。そのため、空港施設全体が最小限の規模で整備され、その結果旅客動線も短くなったことから「コンパクトで使いやすい」空港に仕上がった。だが、この「コンパクト」さが逆に仇となり、コロナ禍前には空港内の大混雑による出発便の遅延が発生している。現状、コロナ禍前の旅客数には回復していないが、今後の旅客数回復と国内線の増便・国際線の就航を念頭に置くとターミナルビルの拡張は避けて通れず、今回合意された発着枠拡大もターミナルビルの拡張完了後に実施される。

また、アクセス交通に関しても、ポートライナーの混雑は依然深刻である。そのため、神戸市は空港利用者のシャトルバスへの誘導を進めるため、空港連絡橋の拡幅工事に着手している。今後は、新神戸トンネルの延伸も事業化される見通しで、アクセス交通の更なる増強が図られることになる。

「小さく生んで大きく育てる」というコンセプトは、神戸空港の利便性の評価に繋がった。だが、「小さく」て済む段階は既に終わりを迎えている。今後の国際化を進める上では、滑走路の延伸や空港島の利用計画見直しも含め、大きなビジョンを描いていく必要がある。

飛行経路も見直しが進むか!?

神戸空港での新しい飛行経路案

現在、神戸空港発着便は必ず明石海峡上空を経由するような飛行経路が設定されており、出発機と到着機が重なるような場合には、どちらか一方に待機が必要となることがある。そのため、今後発着便が増加すると、離陸待ち・着陸待ちの待機が恒常的に発生する可能性があり、神戸空港においては飛行経路の見直しが急務となっている。

図は神戸空港の新しい飛行経路案の一例を示したものである。平面を走る陸上交通と異なり、3次元の空間を飛行する飛行機は、他の飛行機との間隔を水平方向だけでなく垂直方向に取ることも可能である。そのため、神戸空港の出発機は東の海上で高度を稼ぐことで、明石海峡上空を経由するという前提を大きく変えずに到着機との競合を避けることも事実上可能なのだ。(図で示した経路案は、関西空港出発機がRWY06Rを使用する際の一部経路を示したものであり、関西空港到着機がRWY24L/Rを使用する際には関西空港到着機との競合が発生する。)

関西3空港の飛行経路を解説!でも触れているが、現行の関西空港の飛行経路は大きな改善余地がある。今回の3空港懇談会では「関西空港の発着枠拡大」も合意されており、関西空港の発着容量を大きく増加させるに当たっては飛行経路の見直しは避けられない。伊丹・関西・神戸の3空港全てが効率的に運用できる飛行経路の設計・検討が求められている。

国際化のスケジュールは?就航路線は?

今回の関西3空港懇談会では、神戸空港の国際化に関する大まかなスケジュールは示されたものの、具体的な内容・スケジュールについては神戸市と関西エアポートとの間で今後検討が進むことになる。予想されるスケジュールについて以下にまとめた。

国際定期便の就航については2030年前後という表現が使用されていることから、2030年より遅れる可能性も早まる可能性も秘めている。関係省庁との調整に加え、ハード・ソフト面の設計・整備等、国際化に向けた課題は山積している。可能な限り国際化スケジュールが前倒しとなるよう期待したい。

2022年神戸空港国際化の合意
2023年
~2025年
現ターミナルビルの拡張設計・工事
CIQ体制の構築等
2025年国際チャーター便の就航
(大阪・関西万博開催)
2025年
~2030年前後
国際線ターミナルビルの設計・工事
CIQ体制の拡充等
2030年前後国際定期便の就航
(1日20往復)
神戸空港国際化に向けたスケジュール

また、現在の滑走路長(2500m)を前提にすると、神戸発着の国際線は近距離~中距離路線の就航が想定される。

以前、マスコミの取材に対し、関西エアポートの山谷社長は「インド便」などの就航を期待すると述べた。これは神戸市に多く居住する外国人を念頭に置いた発言と見られ、関西空港の稼ぎ頭であったインバウンド以外の需要を取り込みたいという意図が読み取れる。

また、航空政策の評論家などからは、神戸空港は阪神間のアウトバウンド需要を取り込める可能性について指摘する声も多い。例えばグアムハワイなど日本人旅行者をターゲットとした路線開設も可能性としては大いにある。(事実、神戸を拠点とするスカイマークもサイパン線・パラオ線の神戸就航を示唆していた。)

就航路線は航空会社が決めることであり、あくまで推測に過ぎないが、神戸空港発着の国際線はインバウンド需要を柱としている全国の地方空港とは異なった路線構成となる可能性が高いと言えるだろう。

タイトルとURLをコピーしました