スポンサーリンク

【2021年1月 神戸空港利用実績】

神戸市は2021年1月の神戸空港利用実績を公表した。

1月は緊急事態宣言の再発令・GoToトラベル事業停止などの影響を受け、全路線で平均搭乗率・旅客数共に大きく落ち込んだ。

最も搭乗率が高かったのは茨城線(搭乗率43%)で、最も旅客数の多い羽田線(搭乗率40%)を上回った。

  • 提供座席数:22万7千席
  • 搭乗者数:7万9千人
  • 前年同月比 :29%
  • 搭乗率:35%
  • 路線別搭乗率
    • 新千歳:34%
    • 青森:17%
    • 仙台:37%
    • 茨城:43%
    • 羽田:40%
    • 松本:16%
    • 出雲:-%
    • 高知:31%
    • 長崎:35%
    • 鹿児島:31%
    • 那覇:32%
    • 下地島:14%
  • 航空会社別搭乗率
    • ANA:31%
    • SKY:38%
    • SNA:30%
    • ADO:23%
    • FDA:17%

※運休は – で表記
※航空会社別搭乗率における、SNA・ADOの実績はANAによるコードシェア分、FDAの実績はJALによるコードシェア分を含む。
※神戸市港湾局空港調整課 発表資料より

タイトルとURLをコピーしました