スポンサーリンク

【2021年3月 神戸空港利用実績】

神戸市は2021年3月の神戸空港利用実績を公表した。

3月は新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたため、各社多くの便で通常運航となり、搭乗者数は大幅に増加した。

関西エアポートがまとめた搭乗者数の実績では、関西3空港で神戸が唯一昨年比プラスとなっている。(神戸 昨年同月比7%増、伊丹 同9%減、関西 同38%減)

また、2021年3月の実績が揃い、神戸空港の2020年度の旅客数は約119万人(2005年度を除き、開港以来過去最低)に確定した。

  • 提供座席数:31万5千席
  • 搭乗者数:17万2千人
  • 前年同月比 :107%
  • 平均搭乗率:55%
  • 路線別搭乗率
    • 新千歳:61%
    • 青森:62%
    • 花巻:63%
    • 仙台:55%
    • 茨城:49%
    • 羽田:60%
    • 松本:62%
    • 出雲:-%
    • 高知:54%
    • 長崎:56%
    • 鹿児島:45%
    • 那覇:51%
    • 下地島:30%
  • 航空会社別搭乗率
    • ANA:56%
    • SKY:55%
    • SNA:54%
    • ADO:51%
    • FDA:60%

※運休は – で表記
※航空会社別搭乗率における、SNA・ADOの実績はANAによるコードシェア分、FDAの実績はJALによるコードシェア分を含む。
※神戸市港湾局空港調整課 発表資料より

タイトルとURLをコピーしました