【2020年9月 神戸空港利用実績】

神戸市は2020年9月の神戸空港利用実績を公表した。

各社減便を続けている為、9月も搭乗者数・提供座席共に前年同月比大幅減となっているが、搭乗率は過去最低を記録した2020年4月(平均搭乗率20%)から徐々に回復しつつある。

また、路線別搭乗率を見ると、新千歳線の68%を筆頭に各路線概ね50%以上を維持している一方で、青森線・高知線は30%台に留まっている。両路線は昨年就航したばかりのため路線の知名度も低く、しばらくは苦戦を強いられそうだ。

  • 提供座席数:18万5千席
  • 搭乗者数:10万5千人
  • 前年同月比 :35%
  • 搭乗率:57%
  • 路線別搭乗率
    • 新千歳:68%
    • 青森:33%
    • 仙台:58%
    • 茨城:58%
    • 羽田:57%
    • 松本:52%
    • 出雲:-%
    • 高知:33%
    • 長崎:52%
    • 鹿児島:54%
    • 那覇:50%
  • 航空会社別搭乗率
    • ANA:70%
    • SKY:58%
    • SNA:54%
    • ADO:42%
    • FDA:38%

※運休は – で表記
※航空会社別搭乗率における、SNA・ADOの実績はANAによるコードシェア分、FDAの実績はJALによるコードシェア分を含む。
※神戸市港湾局空港調整課 発表資料より

タイトルとURLをコピーしました