スポンサーリンク

【2020年11月 神戸空港利用実績】

神戸市は2020年11月の神戸空港利用実績を公表した。

11月はGoToトラベル事業などによる需要喚起策が奏功し、また各社減便数を抑えたため、全路線の平均搭乗率・旅客数前年比ともに2020年度で最も高い実績となった。

10月から新規就航した下地島線の搭乗率は、先月から約8ポイント上昇し、11月は約68%を記録。全路線で最も高い搭乗率となっており、コロナ禍においても人気を集めている。

一方、FDAが運航する各路線は就航から1年が経過しているものの、知名度不足も相まって搭乗率は依然として伸び悩んでいる。

  • 提供座席数:28万2千席
  • 搭乗者数:18万3千人
  • 前年同月比 :62%
  • 搭乗率:65%
  • 路線別搭乗率
    • 新千歳:56%
    • 青森:35%
    • 仙台:63%
    • 茨城:77%
    • 羽田:70%
    • 松本:47%
    • 出雲:-%
    • 高知:44%
    • 長崎:73%
    • 鹿児島:58%
    • 那覇:64%
    • 下地島:68%
  • 航空会社別搭乗率
    • ANA:79%
    • SKY:65%
    • SNA:67%
    • ADO:58%
    • FDA:41%

※運休は – で表記
※航空会社別搭乗率における、SNA・ADOの実績はANAによるコードシェア分、FDAの実績はJALによるコードシェア分を含む。
※神戸市港湾局空港調整課 発表資料より

タイトルとURLをコピーしました